どんなに複雑な形状のモデルでも、光造形なら製作が可能です。

光造形

CAD CG等による形状データをもとに、液状の光硬化性樹脂を紫外線レーザーにより一層ずつ硬化させ、重ね合わせていく工法です。

従来の切削工法では困難だった複雑な構造の形状も、短時間・低コストでの製作が可能となりました。

製作例

製作例 製作例 製作例

主な特長

切削加工が困難な自由曲面や、複雑な構造(アンダーカット部等)を有する立体形状の製作が容易に可能

短期間での製作

低コスト

CAD CG等のデータをもとにするため、同形状のモデル製作が容易であり、拡大縮小にも即座に対応が可能

造形材料

PPライク樹脂、透明樹脂

ワークサイズ

610×610×500(mm)

物性表

物性表 物性表

保有機械

RM-6000U

RM-6000U

SCR712X

ACCULAS® BA-45S